FC2ブログ

    Pete Townshend 自伝 フー・アイ・アム

    Peteの自伝は、日本語に訳されて発売された2013年の11月頃に購入して読み始めた。

    PeteJiden (4)

    僕にはよくあることだが、初めからでなく途中の『Tommy』に関わるパートから読み始めた。

    続きを読む

    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Who ザ・フー Pete Townshend 自伝 I am

    Pete listening time

    過去に取り上げたPeteのソロ作品『All the best cowboys have Chinese Eyes』の特殊な英国プロモ盤を手に入れた。

    それがこれ『Pete listening time』。

    PLT2019 (9)
    *表面はつや消しのような仕上げのジャケット

    このLPの存在はかなり昔から知っていたがお手ごろ価格のものに出会ったことがなかった。
    ようやく手に入れた。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP 英国盤 Who Pete Townshend

    サイコデリリクト再考 その2

    Pete TownshendのソロLP再発プロジェクトの1枚として、LPフォーマットでは世界初登場となったのがアルバム『Psychoderelict』。
    オリジナルバージョンでのLP化で2枚組だ。

    sdptLP (31)
    *シングルジャケットに2枚を収録

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Pete Townshend Psychoderelict サイコデリリクト LP レコード

    サイコデリリクト再考

    1993年発売のPete Townshendのアルバム『Psychoderelict』は、商業的に失敗した作品としてファンにとって有名だ。つまり、売れ行きが思わしくなかった。

    psychod (7)

    僕の記憶では、当時LPは発売されなかったように思うし、LPというメディア(あるいはフォーマット)では、これまでに一度も商品化されなかったのでは?

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Pete Townshend Psychoderelict サイコデリリクト ピート・タウンゼンド

    『Empty glass』の英国カッティング

    前回の話、発端は『Empty glass』だった。

    ひと月ほど前だろうか、Pete Townshendのソロアルバムを整理していて、アルバム『Empty glass』のLPやCDをかき集めていた。

    emptyglass (11)
    *左から英米独盤

    CDを聴きながら、歌詞やクレジットが掲載されたLPの内袋に目を通していると、「mastered at Sterling sound NYC」が目に入った。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Empty glass カッティング 英国 米国 レコード LP Pete Townshend

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「シングル」は片面1曲、両面で2曲収録。「EP」はシングルよりも曲数を多く収録する(標準は4曲)"Extended Play"の略。両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR