Begin here 再発盤

    先週は久しぶりに東京方面へ出張だった。
    おかげで半年振りくらいにDUに寄れた(笑)。

    中古LPを持ち帰れる枚数だけ購入した以外に、悩みに悩んで買った新品の再発盤がこれ。

    zombies2014 (9)

    あのrepertireから(たぶん今年になってからだと思うが)発売された高音質LPで、Zombiesの1st『Begin here』の復刻盤。
    *Amazonで調べると、リリースは昨年の12月とあった

    続きを読む

    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    The Zombies(US 1st LP)

    Zombiesの1stアルバムは、英国よりも米国で先に発売された。
    『The Zombies (PA61001)』モノラル盤(ステレオ盤はPAS71001)。
    発売は1965年1月。

    zomus (1)

    このアルバムは当時良くあったように、英国でのデビューアルバム(『Begin here』)とは選曲が違っているし、曲数も違う。

    英国本国よりも先に発売されたのは、2曲のシングルヒットが大きく影響しているのだろう。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    She’s not there (編集盤)

    このどうしようもないジャケットデザインの2枚組LPは、ドイツで1976年に発売されたZombiesの編集盤。

    『She’s not there(6.28 378-1/2)』

    Nzomgerman.jpg

    全曲Decca時代の録音で29曲を収録。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    Odessey and Oracle

    1967年の6月からEMI studioで録音開始されたZombiesの名盤『Odessey and Oracle』は、本当に、泣けるほどに美しいアルバムだ。

    僕は英国オリジナル(Mono/Stereo)は持っておらず、持っているのは米国盤と再発盤のみ。

    米国盤『Odessey and Oracle』(date TES 4013)
    oando (1)
    *写真で見ると現物以上にぼろい(苦笑)

    米国盤は2種類のジャケットがあるが、どちらが先に出たか知らない。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR