Be Lucky 7”シングル

    出張の際に購入したレコードの1枚がこれ。

    BL20150501 (1)
    *実物は青色部分がもっと暗い色をしている

    Whoの最新曲、「Be Lucky」の7”シングル。
    カラーレコードでRecord store day用商品だ。

    続きを読む

    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    Ready Steady Who

    今回も7インチ盤の紹介を。
    1966年11月に発売されたReactionレーベルからの唯一のWhoのEP
    『Ready Steady Who』(Reaction 592001)。

    RSW0422 (3)
    *写真上が英国オリジナル、左下は再発、右下はスウェーデンオリジナル

    当然ながらモノラル盤のみの発売。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    The Brunswick Singles (7'' Vinyl) マニアックな話

    今回の『The Brunswick Singles』は最終的に7千円を切る金額で発売となった。

    特に入手が難しい最後の3枚をオリジナルシングルで揃えようと思うとVG+程度のコンディションでも、3枚合わせるとボックスセットと同じくらいの金額になってしまうだろう。いや、もっと高額かもしれない。

    BS0418 (3)
    *その最後の3枚、上列が再発盤(内ビニールは購入後に追加)、下列がオリジナルシングル

    そう思うと、非常にお買い得と言える。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    I'm the face その2

    Whoの次のシングルBoxセットには、Reactionレーベルからの唯一のEP『Ready steady Who』が含まれるという話があり、久しぶりに聴こうと数箱の7インチ箱の中をいろいろと探した。

    その過程でこのEPを久々に見かけ、自分の記憶力は大丈夫か?と思えてしまった。
    そうだった、このEPにも「I'm the face」が収録されていたのだった。

    imf2 (6)
    *デジカメだと色味が違ってしまう

    映画『The kids are alright』サントラのプロモーション目的で1979年に発売された英国盤EP『The Who』。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    I'm the faceについて

    The Brunswick Singlesボックス収録のHigh Numbersの唯一のシングル「Zoot suit/I'm the face」の復刻盤だが、「I'm the face」は、てっきりオリジナルmono音源を使用していると思い込んでいた(ブックレットにもそれっぽい記載があるし)。

    けれども、93年に欧州で再発された映画『Quadrophenia』サントラに(ボーナストラックとしての表記はないが)追加収録された同曲の音源こそがオリジナルシングルと同一なのでは?と思えた。
    これと今回の7インチ音源とは別ミックスだ。

    ITF (3)
    *これが93年CD、WhoとHigh numbers曲のみを収録(クリックで拡大)

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR