Live Shepperton 1980

    このレコードを聴き狂っていたのは、購入当時の1980年代の中頃だったか。Damned4枚目の『Black album』が2枚組で発売された際に、Side-4(Live)として登場した1980年のLive録音の完全版。

    『Live Shepperton 1980』英国盤

    liveSPTon1980 (1)
    *ジャケットは両面とも写真のようなニス仕上げ

    当時行きつけのレコード屋の新入荷の棚に見つけてすぐに購入。おそらく再発盤だと思う。

    続きを読む

    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Damned 英国パンク ダムド レコード ブラックアルバム ライブ 英国盤

    Grave disorder

    このアルバム『Grave disorder』は、今から15年も前に出たDamned の9枚目のアルバム。
    現時点でスタジオ作品の後ろから2番目にあたるが、内容はDamnedファンにとってはきっと最高だろう。

    GraveDisorder (7)
    *CD 米国盤しか出てない?

    初めて聴いたときの印象は、名作『Strawberries』を彷彿させるも、サウンドやアレンジには3rdや4thのエッセンスも感じられた。でも何よりも訴えかけるものは、Dave Vanianのボーカルだった。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Dmaned ダムド Grave Disorder レコード CD punk

    MACHINE GUN ETIQUETTE

    『MACHINE GUN ETIQUETTE』は、78年に解散したDamnedが再結成して(レコード会社をChiswickに移籍して)発表したアルバム。1979年11月発売。

    Mchinguedamned (27)
    *左:国内SMS再発盤、右:英国ACE再発盤(プレスはドイツ)

    新生Damnedの1stと見るよりも一般的にはDamnedの3rdアルバムとして知られている。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Damned 英国punk ダムド レコード マシンガンエチケット 英国盤

    The Chiswick Singles And Another Thing

    *12/17追記:一箇所訂正した


    Damnedの編集盤『The Chiswick Singles And Another Thing』は、英国で2011年にCDでリリースされたそうだが、僕の記憶では日本独自の編集盤として(収録曲は異なるが)もっと前からCDが日本だけで出ていたのではなかろうか?確か、Chiswick Singles collectionというタイトルだったような……。

    僕はその国内CDを結局買っていないので、今回のLPで初めて同様の編集盤を手に入れた。あまり格好良いと思えないジャケットデザインも似ていたような記憶がある。

    Damnedchicol (8)

    日本独自CDを聴いていないのでわからないが、このLPsを聴く限り、オリジナルシングルとは別ミックスの曲が数多く含まれているように思う。おそらく2011年のCDとは同じ音源だと思うが。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    The best of the Damned

    BeatlesのMono LP Boxと同時期に届いた2枚組LPが、Damnedの編集盤『The Chiswick Singles And Another Thing』だった。けれども、聴くのを後回しにしていてこの間ようやく聴いた。

    それを紹介するには、まず先に1981年に発売された『The best of the Damned』から紹介しなければいけないと思えた。

    と言うのも2011年に英国で発売された『The Chiswick Singles And Another Thing』は、『The best of the Damned』のCD再発ができなくなり、その代わりに発売されたとの話だから。

    これが『The best of the Damned』(DAM1)英国オリジナル盤。

    bestdamned (1)
    *ジャケットはニス仕上げ、内袋は両面写真あり

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR