FC2ブログ

    Never for Ever

    1980年発表のKate Bushの3rdアルバム『Never for Ever』は、最初から最後まで惹きつけられる本当に良くできたアルバムだった。

    nevforevr (5)
    *2018年のremaster LP

    このアルバムを聴いて僕はようやく理解した、Kate Bushは才能豊かなアーティストだったと。

    続きを読む

    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP stereo 音質 Kate Bush Remaster

    アナログ感?アナログ的?リマスター Kick inside

    *3/2追記:カートリッジを新品に変えたら最内周歪みが改善された。なので、リマスターLPは問題ない。お詫びして訂正する。


    昨年後半に出たKate BushのリマスターCDは、これまでのCDよりも丁寧にリマスターされて音質向上と評価されているようだ。ただし、リマスタリングの傾向については、アルバムごとに趣旨が異なると思われる。

    僕はリマスターCDはひとつも購入しておらず、リマスターLPからBox2と単体アルバム3枚を購入した。LPのリマスタリングはBernie Grundmanが担当している。

    単品購入したうちの1枚がKate Bushの1stアルバム『Kick Inside』だ。

    Kickinside (3)
    *左:リマスターLP、右:英国オリジナルLP、それと国内CD

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP CD stereo 音質 英国盤 Kate Bush Kick inside

    A Lioness At Heart/UFO Booksのボックスセット

    前回Kate Bushの『The Dreaming』を取り上げた際に一番聴きづらいアルバムだったと記したが、それ以上に(僕にとって)良い曲を収録していないように思えていて、なおかつ一番聴いていないアルバムが2作目の『Linonheart』だった。

    それでも、このUFO Booksから92年に発売されたボックスセット『A Lioness At Heart』は買った。

    KBUfoBox (2)
    *シュリンクを残していてわかったがTower recordsで購入していた

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : ボックスセット Kate Bush ケイト・ブッシュ Lionheart

    The Dreaming

    KATE BUSHのアルバムは『Red Shoes』までしか聴いていない。なので、21世紀に入ってからの作品はCDもLPも持っていないし、聴いたこともない。
    その前提で話をすると、4枚目のアルバム『The Dreaming』が、僕には一番聴きづらいアルバムだった。

    KBdreamin (22)
    *英国再発盤

    アーティスト色が強過ぎるというか、ついていけないタイプの曲が多かった。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード LP 英国盤 音質 Kate Bush マトリクス

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「シングル」は片面1曲、両面で2曲収録。「EP」はシングルよりも曲数を多く収録する(標準は4曲)"Extended Play"の略。両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR